2014年05月23日

若返りホルモン「パロチン」

「パロチン」って聞いたことありますか?

そう、タイトルどおり「若返りホルモン」と呼ばれているものなんですが
パロチンとは「唾液腺ホルモン」のことを言います

小さい頃「よく噛んで食べなさい」と言われた経験は誰しもあるのでは
ないかと思いますが、よく噛んで食べることによって唾液が出ますよね

この唾液の中に「パロチン」が分泌されるんです。

パロチンは成長ホルモンの一種で体内を若々しく保つ働きや
肌の老化を予防する効果がある、とされているんです

なんとそれだけではなく、肌の新陳代謝を促したり、歯や骨の再石灰化を
助ける働きもあるのだそうです!

肌の新陳代謝を助ける、ということは、シミやシワの予防や改善も
期待できるので、「若返りホルモン」と呼ばれているのも、納得ですよね。

よく噛んで食べるだけで、アンチエイジング効果が期待できるんだったら
明日からでもしっかり噛むことをこころがけたいものです

考えてみると、赤ちゃんって、すごくヨダレが多いですよね。
ということはパロチンがたっぷり分泌されているわけだから、
赤ちゃんのすべすべなお肌はそのせいもあるのでしょうか?
まあその前にそもそも老化していないからつるつる、すべすべ
なのは当り前なんですけどね?!

食べるときによく噛むことによって、若返りホルモンの分泌量を増やすことが
できると同時に、脳の活性化やダイエット効果など、さまざまな健康効果も
期待できるそうです

とにかくよく噛んで食べることを習慣にすると良いですよね


ちなみに食べながらお茶などの飲み物を飲むのは良くないそうです。
何故かと言うと食べ物を流し込んでしまうので、結果噛むことが
少なくなってしまうからです。

日頃、お茶と一緒に食事を採っている方や、食べる速度が人より早い方は
しっかり噛んで食事をすることが大切ですね。


同じカテゴリー(ヘルス&ビューティー)の記事
 炭酸シャンプー (2014-06-20 21:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。